芸能人の着物ブランド

50代無職の着物マニアのブランド着物研究ちゃんねる

MENU

芸能人の着物ブランド

着物を愛してやまない僕の着物への愛を語る熱弁はまだまだ続きますよ。
僕はよく周りから変人だと言われますし、外を歩いていても奇異な目で見られることも少なくはありません。
でも、僕は自分のことを変だとは思っていません。
確かに社会で働いたことはないですが、今の時代、働いたことがない人もいるでしょうからね。
それでも僕は着物を着ている女性は大好きです。
こんなことを言うとまた変人扱いされるかもしれませんが、やはりこれは胸を張って言いたいことですからね。

 

さて、着物にも多くの種類があるわけで、好みも人それぞれでしょう。
その中でも最近僕が気になっていること・・・それは、芸能人の着物ブランドです。
芸能人が着ている着物ブランドももちろん気にはなるのですが、それよりも、芸能人が着物をデザインしたという着物ブランドの方に興味を抱いている次第でございます。

 

 

芸能人の着物ブランド

有名どころですと、神田うのさんはご存じではないでしょうか。
神田うのさんプロデュースの着物コレクションは、大胆な柄もあればな上品なもの、綺麗なものもあります。
また、比較的最近では浅田真央さんのブランド「MaoMao」も有名なところですね。
ほかにも、松田聖子さんの着物や、スザンヌさんや益若つばささんプロデュースの着物も人気があるようです。
芸能人プロデュースの着物は、購入時は高く買い、売るときは安くなるというのが常ではありますが、稀に話題を集めている時期に売ると、とんでもない価格で売れることもあるのでそれもまた面白いものですね。
男性でもサッカーで有名な清武弘嗣さんブランドである、紋付清武も一時は話題に上がりました。
また、歌手であれば、倖田來未さんも約10年ほど前にプロデュースしています。
彼女は、意外なことに京都出身なのだそうで、着物プロデュースも納得です。

 

いかがでしょうか。
僕も実は調べて驚きでしたが、実に意外なことにも芸能人の着物プロデュースは数多く存在しているのです。
それだけまだまだ着物ファンである日本人がたくさんいるというのは、僕も非常に誇らしく思います。
また、着物をデザインしていなくても、イメージキャラクターとして着物を着ている芸能人も多く存在しています。
普段はあまり気にかけていなくても、そのCMを観れば「ああ!そういえばそうだった」という人もいるでしょう。
特に、女優さんは多くの方が起用されています。
着物のよいところは、さほど背が高くなくても、スタイルがよくなくても、誰でもに似合うという点ですね。
これは僕にとっては褒め言葉です。
最近は外国人の方たちが着物や浴衣を着て歩いている姿を見かけますが、やはり、着物が一番似合うのは日本人であると僕は感じております。