愛せよ着物!

50代無職の着物マニアのブランド着物研究ちゃんねる

MENU

愛せよ着物!

着物は皆さんにとってはどのような存在でしょうか。
結婚式などの晴れ着であったり、お葬式に着ていくというイメージを持っている方、成人式で着るもの、七五三で着るものなど、人それぞれのイメージがあるかと思います。
しかし、今回僕の記事に触れていただき、「着物はお高い」というイメージから、「着物は実は身近なものである」というイメージに変わった人もいるのではないかと勝手に思っておりますが、いかがでしょうか。

 

着物の話って自分から動き出さない限りはあまり耳にすることがないのが残念な点ではありますが、しかしよくよく目を凝らしてみると、着て歩いているご婦人や、家では専ら着物の旦那など身近にいるかもしれません。
そしてね、願わくば皆さんもっともっと着物を愛していただきたいのです。
確かに、僕のような無職で独身50代の男にそんなことは言われたくない!と思う気持ちもわかります。
しかし、年も仕事も性別も関係なく、やっぱり着物はいいものだと感じていただきたいのです。
着付けは大変かもしれませんが、慣れてしまえばなんのその。
女性の場合は仕事として活かせる場面もあるかもしれません。

 

 

着物への愛

着物を愛しすぎて京都で働く人もいるくらいです。
京都の観光案内所では、レンタル着物店への案内をすると聞いたことがあります。
そのくらい着物の需要が高いわけですね。
僕も京都に住めばいいのではないかと言われたことがありますが、何分社会で働いたことがない上に、小心者のためそのような勇気がないのです。
しかし、着物を愛することはどこにいても、いくつになっても可能なわけですから。
今後も僕は着物を着ている方たちに癒やされ、そしてそういった方たちをなお一層応援していきたいと思っております。

 

着物への意識

着物は日本の文化であり、また宝である。
これが僕の着物に対する意識です。
皆さんも、何かお祝い事などで着物を着てみたり、たまには着物パーティーを行ってみたりして着物を愛してみてください。
着物を着ている知人に聞くところによると、自分の意識が高まるだけでなく、周りの視線も変わるというのです。
それは、いやな目で見られるというよりは、自然と自分が上品に振る舞うようになることで、周りの人たちの接し方も優しくなるというのです。
さらに、姿勢もよくなり、ドカ食いをしなくなるので、ダイエットにもいいと言っていました。
なるほどな〜と感心しましたが、着物を着ていて姿勢の悪い人は見かけません。
胸を張ってしゃんと前を向いて、上品に生きていく。
そんな生き方にも着物は必要なのかもしれませんね。